入国準備

入国手続き

飛行機が目的地に近づくと、機内で入国に必要な書類(入国カード、税関申告書)が配られます。

 
入国カードと税関申告書は、できるだけ機内で記入しておきましょう。

 
空港に到着すると、すぐに入国手続きが待っていて、ゆっくりと記入している時間があまりないからです。

 
※ツアーの場合は、事前に旅行会社からチケットと一緒に渡されているのが一般的です。

 

入国カード

名前、生年月日、性別、パスポートナンバー、職業、航空機便名、居住国、搭乗地、査証発行地、発行日、滞在期間中の住所などを記入します。

 
間違えないように丁寧に記入しましょう。

 

税関申告書

必要のある場合のみ記入します。

 
申告するものがなくても、記入が必要な場合もあります。

 
 
飛行機が目的地の空港に到着しました。次は入国手続きです。詳細はこちらをご覧ください。

入国手続き
入国手続きの流れは、空港に到着→検疫→入国審査→荷物の受け取り→税関→入国。空港に到着したら空港内の「Arrival」の表示に従って進みます。入国審査はカウンターの係官に、パスポートと入国カードを提出。次は荷物を受け取り、最後のゲートをくぐると入国です。

 

管理人メモ

 
パスポートを見ると、マレーシア、オーストリアの入国スタンプが押してあります。

 
ということは、入国カードと税関申告書を2回提出しているのですが…。
残念ながら、どうやって記入したかとか、ほとんど記憶にないんです。

 
ただ、先ほども書きましたが、入国カードと税関申告書は、機内で書いておきましょう

 
書き方が分からない時、周りの人や乗務員さんに聞くことができるからです。
 

タイトルとURLをコピーしました