ロストバゲージのトラブル対処法

入国手続き

空港で預けた荷物が出てこない「ロストバゲージ」のトラブル対処法をまとめました。

 

ロストバゲージのトラブル対処法の流れ

「ロストバゲージ」の場合は、基本的に航空会社の責任となりますから、航空会社にきちんとクレームをつけて、荷物がどこにあるのか しっかりと調べてもらいましょう。

 

係員に申し出る

「Lost&Found」のカウンターへ行き、係員にチェックインの際に渡されたクレームタグ(託送荷物引き換え証)、航空券(パスポートが必要な場合もあり)を提示して、 荷物が出てこないことを伝えましょう。

 

「手荷物事故調査報告書」を作成する

飛行機や空港周辺を調べたにも関わらず、荷物の到着が確認できない場合は、「手荷物事故調査報告書」を作成してくれます。

 
報告書には、荷物の中身や見つかった場合の連絡先(宿泊先)を記入します。

 

日用品購入費用を請求する

当面の旅行を続けていくために必要なものを、航空会社で補償してもらえるので、そのための費用の請求をします。

 

荷物が見つかった場合

荷物が見つかれば、連絡先(宿泊先)まで送ってくれますので、一応は一件落着となります。

 

帰国後も荷物が見つからなかった場合

この場合は、航空会社に弁償金を請求します。

また、海外旅行保険(携行品損害)に加入していた場合は、保険会社に保険の請求を行います。

 
海外旅行保険の主な補償項目の詳細はこちらをご覧ください。

海外旅行保険の主な補償項目
海外旅行保険の補償項目で重要なのは、手荷物遅延費用と航空機遅延費用です。この2つはクレジットカード付帯の海外旅行保険では補償対象外で、海外旅行保険加入の大きなメリットとなります。病気やケガに対する治療費、事故や盗難にともなう補償はどちらも補償対象です。

 
 
自分でできるロストバゲージ対策を考えてみました。詳細はこちらをご覧ください。

ロストバゲージ対策
自分でできる簡単なロストバゲージ対策は、クレームタグ(託送荷物引き換え証)をきちんと確認することです。クレームタグに書かれている荷物の行き先が、自分が向かう行き先と合っているかちゃんと確認しましょう。もし違う行き先になっていたらすぐに申し出ましょう。
タイトルとURLをコピーしました