入国手続き

入国手続き

いよいよ目的地の空港に到着です。

 
空港に到着したら、すぐに入国審査手続きが待っています。入国手続きの流れをまとめてみました。

 

空港に到着(Arrival)

空港内の「Arrival」のサインに従って進んでいきます。

 
空港によっては、「Exit」や「Immigration」などの表示の場合もあります。

 

検疫(Quarantine)

指定されている国以外には必要ないです。

 
必要な国の空港であれば、イエローカード(国際予防接種証明書)を提出します。

 

入国審査(Immigration)

カウンターの係官に、パスポートと入国カードを提出します。

 
簡単な質問をされたり、復路の航空券の提示を求められることもあれば、パスポートを確認して素通りさせてくれる国もあります。

 
対応は国によってさまざまです。

 

荷物の受け取り(Baggage Claim)

入国審査が終わったら、「Baggage Claim」のサインに従って進んでいきます。

 
搭乗便名が表示されているターンテーブルで、自分の荷物を受け取ります。

 

税関(Customs)

荷物を受け取ったら、出口近くにある税関カウンターで税関申告書を提出します。

 
申告する必要がない場合は、申告なしでほとんどの国は通過できます。

 

入国

最後のゲートをくぐると入国となります。

 
 
それでは、入国手続きの流れを順番に詳細に見ていきましょう。

まずは、(1) 空港に到着です。詳細はこちらをご覧ください。

空港に到着
目的地の空港に到着したら、入国手続きの準備をします。「Arrival」の表示に従って進みます。乗客のほとんどは入国審査カウンターに向かうので、基本的には人の流れについていけばOKです。パスポートと入国カードはすぐに出せるように準備しておきましょう。その前に検疫が必要な国もあります。
タイトルとURLをコピーしました