入国審査

入国手続き

入国手続き最大のポイントが「入国審査」です。

 
入国審査の流れをまとめてみました。

 

入国審査カウンターに並ぶ

入国審査では、「Nonresident(非居住者)」、「Foreign Passport(外国人)」、「Other Passport(外国人)」と表示されているカウンターに並びます。

 
※空港によって、表示方法は異なります。

 

入国審査を受ける

自分の順番がきたら入国審査官に、パスポート、入国カード、復路の航空券(提示が必要な国である場合)を提示して審査を受けます。

 
※パスポートカバーをしている場合は、審査の際に邪魔になるのでカバーをはずして渡しましょう。

 
ここで、簡単な質問をされる場合があります。滞在期間は?、どこに宿泊するのか?、訪問の目的は?など。

入国審査での英会話のパターンは3つ。覚えておきましょう。
入国審査での英会話のパターンは、「訪問の目的」「滞在期間」「どこに泊まるのか(宿泊先)」の3つです。入国審査での英会話で一番のポイントは、「最小限の英単語で答える」ことです。簡単な英会話ですから、質問にはきちんと答えられるように覚えておきましょう。

 
また、何の質問もしないで、パスポートを確認するだけの場合もあります。

 

入国審査完了

審査が終わり、問題なしと判断されれば、パスポートに入国証印(スタンプ)を押してくれます。

 
これで入国審査が完了です。

 
 
(1) 空港に到着
    
(2) 検疫
    
(3) 入国審査

 
次は、(4) 荷物の受け取りです。詳細はこちらをご覧ください。

荷物の受け取り
荷物の受け取りの流れは、「Baggage Claim」「Luggage」の表示に従って進む→自分が乗ってきた搭乗便名(フライトナンバー)が表示されているターンテーブルで、荷物を受け取る。ロストバゲージ(荷物が出てこない)・破損している場合は係員に申し出ましょう。
タイトルとURLをコピーしました