ロストバゲージ対策

入国手続き

「ロストバゲージ(空港で預けた荷物が出てこない)」は、航空会社を信頼して荷物を預けたにも関わらず起きてしまうトラブルですから、 自分ではどうすることもできないものです。

 
が、ロストバゲージになる可能性を少しでも低くする「自分でできる簡単なロストバゲージ対策」がありますので、紹介したいと思います。

 

ロストバゲージ対策とは

それは、クレームタグ(託送荷物引き換え証)をきちんと確認することです。

 
チェックインの際に、荷物1個につき1枚のクレームタグが渡されます。

 
そのクレームタグには、荷物の行き先(目的地)が書かれていますので、これから自分が向かう行き先(目的地)と合っているかちゃんと確認しましょう。

 
万が一、違う行き先(目的地)になっていたらすぐに申し出ましょう。

 
 
空港で預けた荷物が出てこない「ロストバゲージ」が起きてしまったら、ロストバゲージのトラブル対処法を詳細にまとめたこちらをご覧ください。

ロストバゲージのトラブル対処法
ロストバゲージのトラブル対処法の流れは、係員に申し出る→「手荷物事故調査報告書」作成→日用品購入費用を請求→荷物が見つかれば宿泊先まで送ってもらう→帰国後も見つからなかったら、航空会社に弁償金を請求、海外旅行保険(携行品損害)加入の場合は、保険会社に請求を行う、です。
タイトルとURLをコピーしました