ホテルの料金の用語集(海外ホテル用語集)

海外旅行用語集

ホテルの料金に関連した用語(用語集)を紹介しています。

ホテルの料金の用語集

アディショナル・チャージ、エキストラ・チャージ、オールインクルーシブ、クアッド、デイユース、ミッドナイト・チャージ、ラックレートなど、さまざまなホテルの料金の用語(用語集)を解説しています。

 

アディショナル・チャージ

チェックアウトの時間の後も、継続して部屋を使用する場合の追加料金。

規定の時間よりも遅くチェックアウトすることを「レイト・チェックアウト」といいます。

この際にかかる追加料金が「アディショナル・チャージ」になります。

 

エキストラ・チャージ

客室を規定外時間に利用される場合の追加料金。

チェックインタイム前、チェックアウトタイム以降の客室利用が規定外時間となります。

または、エキストラベッドを用いた際の、定員以上の宿泊にかかる追加料金のこと。

 

オープン・ルーム・チャージ

ホテルの長期滞在者が一時的にその地を離れる場合、客室をそのままの保管状態にしておく時に支払う料金のこと。

 

オールインクルーシブ

宿泊だけでなく、食事、付帯設備の利用なども含めた宿泊料金制度のこと。

施設のほとんどやサービスが追加料金なしに利用可能で、アルコール類やレジャー・スポーツのコーチ料が有料となっている場合が多いです。

ホテルによっては、これらも宿泊料金内になる場合もあります。

地中海クラブ(クラブメッド Club Med)が有名ですが、米国周辺のリゾートホテルなどにも多いです。

 

クアッド

ダブルルームまたはツインルームに4人で泊まる場合の料金。

ベッドは1つ、または2つとなりますので、大人4名での利用はおすすめしません。

お子様と添い寝の可能なファミリーで宿泊する場合などに適しています。

 

サービス料

サービスに対する支払いとして、勘定に付加される料金。

一般的に利用料金の15%前後(欧米)、10%(日本)に設定されている場合が多いです。

サービス料込みの設定をしているホテルも多いです。

これが加算されていない場合は、チップとして適額を払うことになります。

「サービス料」は、「サービス・チャージ」と呼ばれる場合もある。

 

タリフ

ルームレート(客室料金)を印刷した料金表のこと。

ホテルフォルダーの中に折り込まれているケースが多く、ラックに収納されていることから、「ラックレート」と呼ばれることもあります。

 

デイユース

チェックアウトタイムから夕刻のチェックインのピークにいたる間の約5時間を対象にした、客室利用についての料金制度。

この昼間の時間帯(12:00~17:00)は、宿泊なしで客室利用することができます。

 

ミッドナイト・チャージ

ホテルへの到着が午前0時を過ぎた場合でも、前日からの宿泊料金がチャージされること。

 

ラックレート

客室料金の定価のこと。

「Publishing rate」と呼ばれることもあります。

ドアの部屋側やその近くの壁に、その部屋の料金案内が掛けられている(rack)ことから「ラックレート」と呼ばれるようになりました。

ピークシーズンはこれよりも高く、オフシーズンはこれよりも安いです。

 

ルームレート

客室一室あたりの宿泊料金。

チェックアウトタイムまでの間、オーバーナイトで利用された当該客室の料金をいいます。

通常、サービス料や税金などは含まれず、基本的な室料のみを指します。

タイトルとURLをコピーしました