帰国手続きの流れ

帰国する

日本に到着です。

 
日本に帰ってきたら、海外旅行最後の帰国手続きが待っています。

 
帰国手続きの流れは、到着→検疫→入国審査→荷物の受け取り→税関→到着ロビー、です。

 

到着(Arrival)

飛行機を降りたら、日本語の案内表示「到着(Arrival)」の案内表示に従いながら進んでいきましょう。

 
また、帰国手続きに必要なパスポート、税関申告書、検疫質問表(機内で配られた場合)などの書類の準備もしておきましょう。

 

検疫(Quarantine)

帰国便の機内で「検疫質問表」が配られた場合は、検疫カウンターで検査を受けます。

 
また、動物、肉製品、植物などを日本に持ち込む場合も、検疫を受ける必要があります。

 

人間の検疫の場合

帰国便の機内で「検疫質問表」が配られた場合は、検疫カウンターで検査を受けます。

 
機内で「検疫質問表」が配られなかった場合は、そのまま通過して「入国審査」へ向かいましょう。

 
ただし、海外旅行中に体調を崩したり、病気の心配がある場合は、検疫で申し出ましょう。

 
場合によっては、健康診断を受けたり、病院で精密検査を受けるように、すすめられたりすることもあります。

 

動物・肉製品や植物の検疫の場合

犬や猫などの動物、または動物から作られる肉製品(ソーセージ、ビーフジャーキーなど)を日本国内に持ち込む場合は、「動物検疫」を受けなければなりません。

 
詳細は動物検疫所ホームページをご覧ください。

 
生果実、野菜、種子などの植物を日本国内に持ち込む場合は、「植物検疫」を受けなければなりません。

 
詳細は植物防疫所ホームページをご覧ください。

 
※海外での検査証明書があれば、一緒に提出します。

※動物検疫、植物検疫は、税関検査の前に動物検疫所、植物検疫カウンターで受けます。

 

入国審査(Immigration)

入国審査は、日本人用の入国審査カウンターの列に並びます。

 
入国審査を受ける人は、ほとんどが日本人ですから、なるべく空いている日本人用カウンターに並びましょう。

 
無事入国審査が終わり、パスポートに帰国証印(スタンプ)を押してもらえたら、入国審査は無事完了です。

 

荷物の受け取り(Baggage Claim)

入国審査が終わったら、荷物の受け取りに向かいましょう。

 
帰国の際に搭乗した便名が表示されているターンテーブルで、自分の荷物を受け取ります。

 
到着空港受け取りの免税品を購入している場合は、荷物と一緒にターンテーブルに流れてくるので忘れずに受け取りましょう。

 

税関(Customs)

「税関」が、最後の帰国手続きとなります。

 
税関は、「非課税」と「課税」の2つのカウンターに分かれています。

 
免税枠内の場合は「非課税」のカウンター(緑色のカウンター)へ進み、免税枠を超えている場合(または超えているかどうか微妙な場合)は、「課税」のカウンター(赤色のカウンター)へ進み検査を受けます。

 
なお、別送品がある場合も「課税」のカウンターに進み、税関申告書(携帯品・別送品申告書)を2通提出して検査を受けます。

 
ここで提出した2通の税関申告書のうちの1通に確認印を押してもらって自宅に持ち帰り、別送品が到着するまで大切に保管しておきましょう。

 

到着ロビー

帰国手続きがすべて終了すると、到着ロビー(空港出口)です。

 
次の予定があるのであれば、すぐに空港から移動する必要がありますが、時間に余裕があれば、空港内でゆっくりと休憩していくのもいいでしょう。

 
海外旅行中に使用していた外貨を持っているのであれば、空港内の両替所(銀行)で両替しておきましょう。

 
荷物やお土産物が重い場合は、「手荷物宅配サービス(空港宅急便)」を利用するといいでしょう。空港の到着ロビーには、宅配サービスカウンターが必ずあります。

 

管理人メモ

 
帰国手続きは、すべて日本語なので全然問題なしです。

 
飛行機から降りれば、することは帰国手続きしかないので、人の流れに付いていきましょう。
 

タイトルとURLをコピーしました