空港税とは?

帰国する

渡航先の国々(または地域)によっては、その国の法律などにより渡航者個人に対して空港税など(出入国税、空港施設使用料、税関審査料など)の支払いが義務付けられています。

 
複数の国や都市を訪問する旅程では、空港税などがその都度必要になります。

 
また、同じ旅程であっても、使用する航空機便の経由する空港や国、都市の巡り方によって、その合計が異なることがあります。

 
※空港諸税の新設、または税額が変更された場合、徴収額が変更になります。

※旅行代金には、空港税などは含まれていません。

 

空港税の取扱いは、各旅行会社によって異なります。

  • 旅行代金支払い時に、あわせて空港税を支払う場合:JTB、近畿日本ツーリスト、H.I.S.など
  • 出発当日に、空港税を支払う場合:日本旅行など

 

管理人メモ

 
ヨーロッパ一人旅では、格安航空券購入でH.I.S.さんにお世話になりました。

 
その際の、空港税などに関する請求明細は以下になります。

  • 出入国税など(クアラルンプール):3,100円
  • 出入国税など(ウィーン):2,400円
  • 空港保険税:640円
  • 名古屋空港施設使用料:750円

これらを、格安航空券の代金とあわせて支払いました。
 

タイトルとURLをコピーしました