酒類・香水・たばこなど1人当たりの免税枠(免税数量)について

帰国する

酒類、香水、たばこ類などの外国製品を日本に持ち込むには、原則関税がかかります。

 
が、ある数量(ある金額)までなら、免税になる範囲(免税枠)が定められています。

 

酒類・香水・たばこなど1人当たりの免税枠(免税数量)

品名免税数量(限度額)備考
酒類3本1本760ml程度のもの
たばこ(紙巻)200本外国居住者が輸入するものについては、外国製、日本製の免税数量が2倍
たばこ(葉巻)50本
たばこ(その他)250g
香水2オンス約56cc(オーデコロン、オードトワレは含まれません)
その他
(合計額が1万円以下) ※
全量例えば、1,000円のTシャツ9枚であれば免税
その他
(合計額が1万円以上) ※
20万円まで合計額が20万円以上の時には、超えた品物に対して課税。
20万円以上の品物は、品物全額に対して課税。

※現地での購入価格を、定められた公示レートにより円換算して計算

 

免税枠についての注意点

免税枠についての注意点は、「未成年の場合の免税枠は?」と「免税枠内かオーバーか分かりづらい場合はどうする?」の2点です。

 

未成年の場合の免税枠は?

未成年の場合、酒類・たばこ類の免税はありません。

 
それ以外は、成人と同じ免税枠が適用されます。(ただし6歳以上の場合)

 

免税枠内かオーバーか分かりづらい場合はどうする?

買い物したものが、免税枠内かどうか判断しにくい微妙な場合は、申告したほうがいいでしょう。

 
税関で調べられてから免税枠オーバーが発覚すると、かなり面倒なこと(物品の没収、罰金など)になってしまいます。

タイトルとURLをコピーしました