リコンファームが必要な航空会社であれば必ず行いましょう

帰国する

リコンファームとは、飛行機の予約再確認のことです。

 
帰国便出発時刻の72時間前までに、利用する航空会社のオフィスに電話をかけるか(出向くか)、直接空港カウンターに出向いて行います。

 

リコンファームを怠るとどうなる?

予約を自動的に取り消されたり、オーバーブッキングの対象になりやすいのでご注意ください。

 
ただ、最近では、多くの航空会社が「リコンファーム不要」になっています。

 
添乗員さん付きのツアーの場合は、自分でする必要はありません。

 
リコンファームが必要か不必要かは、航空券を購入した際、日本でのチェックイン時、行きの機内などで確認しておきましょう。

 

一番簡単なリコンファームの方法は?

空港到着時に、そのまま航空会社のカウンターに立ち寄って、リコンファームを済ませてしまう方法です。

 

管理人メモ

 
僕の場合、リコンファームが必要な航空会社だったので、オーストリア ウィーンにある「マレーシア航空」のオフィスに直接行きました。

 
そこで、「リコンファーム、プリーズ」と言って、航空券を提出する。これでOKでした。
 

タイトルとURLをコピーしました