時差ぼけ対策は帰りの飛行機内から始めましょう

帰国する

海外旅行から帰ってきて、一番やっかいなのが「時差ぼけ」です。

 
夜になっても寝られなかったり、「時差ぼけ」が何日も続いて日常生活に支障をきたしたり…。

 
東南アジア、東アジア、オセアニアから帰ってくる場合は、あまり時差がない(1~2時間)ので問題はありません。

 
ヨーロッパや北中米、南米、アフリカの場合は、かなりの時差がありますので、これらの地域から帰ってくる場合は、時差ぼけ対策が必要になってきます。

 

時差ぼけ対策は帰りの飛行機内から始めましょう

時計の時間を日本時間に合わせて、帰りの機内から日本時間を意識しましょう。

 
そして、日本時間で夜(普段の生活での就寝時間)になれば寝ましょう。

 
逆に、日本時間がお昼であれば起きていましょう。

 

帰国後の時差ぼけ対策

帰国後のすぐは、多少きついかもしれませんが、普段の生活リズム(食事、睡眠など)に合わせましょう。

 
とにかく帰国当日は、たっぷりと朝まで寝ましょう。

 
朝までというのがポイントで、これで日本時間のリズムをつかむことができます。

 

管理人メモ

 
帰りの飛行機の帰国ルート
オーストリア ウィーン マレーシア クアラルンプール 日本

 
オーストリア ウィーンと日本は、時差7時間なのですが、マレーシア クアラルンプールで15時間滞在後、乗り継ぎをしたので、時差1時間で日本へ帰ることができました。

 
ですから、時差ぼけは全くありませんでした。
 

タイトルとURLをコピーしました