海外旅行のお金を用意する

海外旅行の準備をする

海外旅行をする時、宿泊費、交通費、食費など必ずお金が必要になってきます。

 
ここで一番の問題なのがお金を持っていく方法です。

 
海外旅行にお金を持っていく方法は、現金、トラベラーズチェック(T/C)、クレジットカード(C/C)、国際キャッシュカードなどいくつかあります。

 
それぞれの特徴をしっかり把握して、自分の旅行プラン (渡航先や目的) に合ったマネープランを選びましょう。

 

現金 (日本円・現地通貨)

現金 (日本円・現地通貨)は、いつでもどこでもすぐに使える最も実用的なお金です。

 
しかし、多額の現金を持っていると、犯罪にあう可能性が高まり危険です。

 
盗難にあったり、紛失すると二度と戻ってきません。

 
関連記事日本円現金の持ち出し限度額

 

トラベラーズチェック (T/C)

トラベラーズチェック (T/C)は、盗難にあったり、紛失しても現地で再発行が可能です。

 
サインした本人しか使用できないので、最も安全性が高いです。

 
ただ、金融機関などで現金化する際に、手数料を取られることが多いです。

 

クレジットカード (C/C)

クレジットカード(C/C)は、多額の現金を持ち歩かなくてもいいので、安全性が高いです。

 
また、身分証明書代わりにもなり、持っているだけで信用度が高まります。

 
しかし、加盟店でないと使用できない、限度額までしか利用できないなどのデメリットもあります。

 

国際キャッシュカード

国際キャッシュカードは、24時間365日現地のATM/CDが利用できるので、多額の現金を持ち歩く必要がなく、安全性が高いです。

 
ただ、利用ごとに手数料 (200円程度) がかかります。

 

管理人メモ

 
ヨーロッパ一人旅の際、現金 (10万円)、トラベラーズチェック (300ユーロ)、クレジットカード、国際キャッシュカードと、数種類持って行きました。

 
僕の個人的意見ですが、使いやすさは、
国際キャッシュカード = 現金 >>> トラベラーズチェック >>>>> クレジットカード (不使用) でした。

 
ですが、安全面を考えると、理想の優先順位は、
トラベラーズチェック = クレジットカード > 国際キャッシュカード >>>>> 現金になります。

 
やっぱり安全性が高いものをメインにして、お金の用意をするのがベストだと思いますよ。
 

タイトルとURLをコピーしました