現金(日本円・現地通貨)を用意する

海外旅行の準備をする

渡航先の現地通貨を現金で持ち歩くのが、もっとも実用的で確実です。

 
ただ、安全面を考慮した場合、持ち歩く現金はできる限り最小限 (交通費やチップなどの必要分) にしておいたほうがいいでしょう。

 

現金 (日本円・現地通貨) の長所・短所とは

現金 (日本円・現地通貨) の長所・短所とは

長所

(1) いつでもどこでもすぐに使える。

短所

(1) 安全性が低い。多額の現金を持っていると犯罪にあう確率が高くなるし、盗難・紛失するとまず戻ってこない。

 
(2) 日本で現地通貨を用意する場合、日本国内では入手できる外貨の種類が限られている。

 
(3) 渡航先で日本円を両替する場合、レートがトラベラーズチェック (T/C) より低い。

 

現金 (日本円・現地通貨) を用意する方法は2つあります。

(1) 日本円で用意する

日本円のまま海外へ持ち出し、渡航先で日本円を現地通貨に両替して使用する方法です。

 
日本円のまま海外へ持ち出す場合、持ち出し限度額がありますのでご注意ください。

 
(2) 現地通貨を用意する

日本の金融機関で、日本円を現地通貨に両替してもらい海外へ持って行き使用する方法です。

 

管理人メモ

 
僕の場合は、現金10万円 (日本円) を持っていき、ヨーロッパでユーロに両替して使用しました。

 
今になってよく考えてみると、現金10万円は危険すぎるような…。

 
どうしても日本円を持って行きたいのであれば、現金ではなく、日本円のトラベラーズチェック (T/C) を持っていくという手もありますよ。

 
関連記事トラベラーズチェック (T/C) を用意する
 

タイトルとURLをコピーしました