ビザ(査証)の申請

海外旅行の準備をする

ビザ (査証) とは、渡航先の国へ入るための入国許可証です。

 
通常、ビザ (査証) は、パスポートの査証欄に入国許可の条件とともにスタンプが押され、領事がサインをする形で交付されます。

 
パッケージツアーで行くほとんどの場所は、観光目的であればビザ (査証) なしで入国できますが、中東や旧ソ連の国々などでは、観光目的であってもビザ (査証) が必要な国があります。

 
一人旅 (個人旅行) でこれらの国に行く場合は、事前に調べておいて必要であれば準備しておきましょう。

 
ビザ (査証) 免除の対象となる「ビザ (査証) 免除措置国・地域」がありますので、詳細は外務省ホームページをご覧ください。

ビザ(査証)免除措置国・地域

 

ビザ (査証) の申請方法

申請は、日本国内にある渡航先の大使館や領事館で行えます。

 
申請方法や必要書類は渡航先によって異なりますので、その国の大使館・領事館や政府観光局にお問合わせください。

 
交付は、早ければ即日~数日、遅いと数週間かかることもあるので、早めに申請しておきましょう。

 
また、ビザ(査証)の申請は旅行会社にお願いすることもできますが、代行手数料が別途必要になります

 

管理人メモ

ヨーロッパ一人旅で、オーストリア、ドイツ、オランダ、フランス、イタリアを旅行しましたが、ビザ (査証) は必要ありませんでした。

 
日本と西ヨーロッパ各国は、お互いに「査証免除協定」を結んでいるので、短期の観光旅行であれば、ビザ (査証) なしで旅行できます。

タイトルとURLをコピーしました