海外で日本の電化製品を使うには変圧器と電気プラグが必要です

出国する・海外に滞在する

日本で使っている電化製品を、そのまま海外で使用することはできません。

 
なぜなら、海外と日本では電圧が違うから、そしてコンセント(電気プラグ)の形が違うからです。

 
海外で日本の電化製品を使う方法は2つあります。

 

海外対応型の電化製品(ドライヤー、電気カミソリなど)を持って行く

海外旅行用品専門店や、家電量販店で購入することができます。

 
ただし、渡航先のコンセントに合わせるための電気プラグアダプターが必要になります。

 

変圧器と電気プラグアダプターを使う

変圧器は、渡航先の電圧を日本用に変換するためのもので、電気プラグアダプターは、渡航先のコンセントに合わせるためのものです。

 
これらがあれば、普段日本で使用している電化製品を、海外で使うことができます。

 

ノートパソコンとデジタルカメラの場合

ノートパソコンのACアダプターと、デジタルカメラの充電器の表示を見てみてください。

 
INPUTのところに「100V-240V」の表示があれば、変圧器なしで使用することができます。

 
ただし、渡航先のコンセントに合わせるための電気プラグアダプターが必要になります。

 

管理人メモ

 
ヨーロッパ一人旅で持って行った電化製品と電圧はこちらになります。

  • デジタルカメラ(Canon/充電器):100V-240V
  • 電気カミソリ(BRAUN):100V-240V
  • 携帯電話(ドコモ/充電器):100V
  • 電気バリカン(BRAUN):100V

変圧器を持っていかなかったので、携帯電話の充電器と電気バリカンは、現地で使用していたらヨーロッパの電圧(220Vまたは240V)に対応できず間違いなくぶっ壊れていたでしょう。

 
おかげさまで運よく使用しなかったので無事でした。

 
100V-240V表示でない電化製品を海外旅行で使う場合は、必ず変圧器を持っていきましょう。

 
また、渡航先によってコンセントの形が違いますので、それに合った電気プラグアダプターを持っていきましょう。
 

タイトルとURLをコピーしました