出国手続き(日本から海外へ)の流れ

出国手続き(日本→海外)

出国手続き (日本から海外へ) の簡単な流れをみてみましょう。

 
空港へのアクセス方法でも書きましたが、空港には出発時間の2時間前までには必ず到着するようにしましょう。

空港へのアクセス方法
自宅から空港へのアクセス方法は、鉄道・電車、バス、自家用車、タクシーがあります。鉄道・電車は時間が正確ですが、荷物を持っての乗り降りは大変です。バス、自家用車、タクシーは渋滞の可能性があります。遅くとも出発時間の2時間前には空港に到着しましょう。

 

集合・チェックイン (搭乗手続き)

利用する航空会社のカウンターで、チェックイン(搭乗手続き)を行います。

 
通常チェックイン(搭乗手続き)は、出発予定時間の2時間前から始まり、30分前に終了します。

 

手荷物検査 (セキュリティチェック)

機内に持ち込む手荷物のX線検査を受けます。

 
人間は、金属探知器のゲートをくぐってボディチェックを受けます。

 

税関 (カスタム Customs)

高価な貴金属やブランド品を持っている場合は、申告手続きが必要になります。

 

出国審査 (イミグレーション Immigration)

パスポートと搭乗券 (航空券) を係官に提示します。

 
パスポートに出国スタンプを押してもらえば完了です。

 

搭乗待ち合わせ・免税店ショッピング

搭乗までの時間を過ごすスペースです。

 
免税店での買い物もできます。

 

搭乗

搭乗案内のアナウンスが流れたら、搭乗ゲートへ。

 
そして、いよいよ機内へ入ります。

 
 
それでは、「出国手続き (日本から海外へ) 」の詳細を順番に見ていきましょう。

まずは、(1) 「集合・チェックイン (搭乗手続き)」です。詳細はこちらをご覧ください。

空港に集合・チェックイン(搭乗手続き)
空港に集合してからチェックイン(搭乗手続き)までの流れは、空港に集合→空港渡しの場合は航空券の受け取り→機内預け荷物(大きな荷物)のX線検査→チェックイン(搭乗手続き)、座席の希望を伝える→検査済みの荷物を預ける→搭乗券の受け取り・確認、までです。

 

管理人メモ

 
出国手続きって、あんまりよく覚えていないんですよね。

 
空港に行けば、出国手続きをしている人の流れがありますから、それにくっ付いていけば大丈夫です。

 
たぶん僕もそうだったと思います。
 

タイトルとURLをコピーしました