空港に集合・チェックイン(搭乗手続き)

出国手続き(日本→海外)

空港に集合してから、チェックイン(搭乗手続き)までの流れをまとめてみました。

 

空港に集合

空港には、出発の2時間前までには必ず到着しておきましょう。

 

航空券の受け取り(空港渡しの場合)

指定されたカウンターで、パスポートを提示して航空券を受け取ります。

 

機内預け荷物(大きな荷物)の検査

航空会社のチェックインカウンターに行く前に、機内預け荷物のX線検査を受けます。

 
この検査後は、荷物を開けることができないので、必要なものは検査前に出しておきましょう。

 

チェックイン(搭乗手続き)

航空会社のチェックインカウンターで、パスポートと航空券を提出します。

 
座席の希望(窓側・通路側)があれば、ここで伝えましょう。

 

荷物を預ける

検査済みの荷物をカウンターに預けます。

 
荷物1個につき、1枚のクレームタグ(託送荷物引換証)を渡されるので、なくさないようにしましょう。

 
また、クレームタグの行き先に間違いがないかも確認しておきましょう。

 

搭乗券の受け取り・確認

搭乗券、復路分の航空券、パスポートを返却してもらいます。

 
ここで、搭乗券に記載されている搭乗時刻、搭乗ゲート番号を、きちんと確認しておきましょう。

 
 
(1) チェックイン(搭乗手続き)が完了したら、次は(2) 手荷物検査(セキュリティチェック)です。詳細はこちらをご覧ください。

手荷物検査(セキュリティチェック)
手荷物検査(セキュリティチェック)はハイジャックやテロ防止のためのものです。手荷物検査(セキュリティチェック)の流れは、機内に持ち込む手荷物のX線検査→金属探知器のゲートをくぐるの順番です。ブザーが鳴らなければ税関へ、鳴ったら再チェックを受けます。
タイトルとURLをコピーしました