税関(カスタム)

出国手続き(日本→海外)

税関(カスタム)の流れをまとめてみました。

 
申告するものを全く持っていなければ、税関はそのまま素通りしていきましょう。

 

税関(カスタム)で申告が必要な場合の流れ

宝石、貴金属、時計、ブランド品などの高価な外国製品を持って出国する場合は、税関での申告が必要になります。

 
これを怠ると、帰国時の税関検査で海外での購入品とみなされ、関税課税対象になってしまう場合があります。

 

「外国製品持出し届」に記入する

品名、数量、銘柄(ブランド)、特徴、カラットなど必要事項を記入します。

 

申告する

用紙(外国製品持出し届)と一緒に現物を提示し、係官に申告します。

 

申告完了

係官にスタンプを押してもらったら申告完了です。

 
帰国時に用紙(外国製品持出し届)がないと、課税される場合があるので、帰国時まで大切に保管・管理しておきましょう。

 
 
(1) チェックイン(搭乗手続き)
    
(2) 手荷物検査(セキュリティチェック)
    
(3) 税関(カスタム)

 
(1)・(2)・(3)が完了したら、次は(4) 出国審査(イミグレーション)です。詳細はこちらをご覧ください。

出国審査(イミグレーション)
出国審査(イミグレーション)の流れは、日本人用の出国審査カウンターに並ぶ→パスポートと搭乗券を係官に提出→パスポートの査証欄に出国証印(スタンプ)が押され、返却されたら出国審査(イミグレーション)完了です。これで出国手続き(日本→海外)はすべて完了です。
タイトルとURLをコピーしました