サイドトリップとは

航空券を購入する

日本との単純往復、プラス他の都市往復を組み合わせた旅行形態を「サイドトリップ」と呼んでいます。

 
起点となる都市を決めて、そこから足を延ばすような形になります。

 

サイドトリップの旅行プラン例

日本  アムステルダム  ローマ  アムステルダム  日本

 
日本 ⇔ アムステルダムの単純往復に、アムステルダム ⇔ ローマ間の往復をプラスした旅行形態です。

 
この場合、起点となる都市はアムステルダムになります。

 

POINT

 
サイドトリップの場合、交通手段はすべて飛行機になります。
 

 

サイドトリップの表記方法

各旅行会社でのサイドトリップの表記方法は、一般的に「○○往復+2フライト」となっています。(○○は都市名)

 
上記の旅行プラン例だと、「アムステルダム往復+2フライト」と表記され、アムステルダム往復+ローマへの往復 (2フライト) となります。

 
※片道フライト=1フライトでカウントします。

 
関連記事周遊とは
関連記事オープンジョーとは
関連記事ストップオーバー(途中降機)とは

タイトルとURLをコピーしました