航空券の種類(正規割引航空券・格安航空券)

航空券を購入する

航空券には様々な種類がありますが、一般的に海外旅行で利用するのは、「正規割引航空券」か「格安航空券」のどちらかになります。

 
「正規割引航空券」と「格安航空券」の違いは以下になります。

正規割引航空券 (ペックス・チケット、ゾーンペックス・チケット)

IATA (国際航空運送協会) が認可した割引航空券です。

 
航空会社、または旅行会社で購入することができます。

 

ペックス・チケット

すべての航空会社で共通の価格の航空券です。

 
利用条件の自由度が高く使い勝手はいいですが、価格は高めです。

 

ゾーンペックス・チケット

最大70%まで値引きができる航空券で、航空会社によって価格が異なります。

 
そのため、格安航空券との価格差が小さいものも多く、中には安いものもあります。

 
「ペックス・チケット」と比べると、利用条件の自由度は低いですが、価格は格安航空券にかなり近づきつつあります。

 

格安航空券

パッケージツアー用の団体割引価格を利用した往復航空券を、格安でバラ売りしているものが格安航空券です。

 
旅行会社、または格安航空券専門店で購入することができます。

 
価格が安い分、利用条件にさまざまな制約があります。

 

  • FIX (フィックス) チケット
  • OPEN (オープン) チケット
  • FIX OPEN (フィックス・オープン) チケット

細かく分類した場合、格安航空券の種類は3種類あります。

 
関連記事FIXチケットとは
関連記事OPENチケットとは
関連記事FIX OPENチケットとは

 

管理人メモ

 
H.I.S.さんで購入した格安航空券 (マレーシア航空) には、2つの利用条件 (制約) がありました。

 

  • NOT ENDORSEMENT:他の航空会社への変更不可
  • NOT REFUNDABLE:払い戻し不可

 
他には、NOT REROUTABLE:ルートの変更不可という利用条件 (制約) もあるようです。

タイトルとURLをコピーしました